『MAYA』とは、後のブッダ(釈尊)となるシッダールダの母の名であり、ネパール語で『愛』の意。
実際にネパールの聖地を巡り、仏教美術の面白さと、異国から改めて見た日本の伝統工芸の奥深さに興味を抱く。後に日本刀の飾り金具の伝統工芸士の元で7年に渡り技術を学ぶ。その技術を活かしデザインから制作までを手掛け、独自の感性を醸し出す作品を発信している。近年はアリゾナにて直接天然石を買い付け、彫金と珍しい天然石を組み合わせた作品を発表している。


デザイナー:松村麻矢(まつむらまや)
岩手県盛岡市生まれ
1999年 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業
1999~2006年 泉公士郎氏、井尾建二氏の下で7年に渡り伝統技法を学ぶ。
現在 千葉市在住  
各地百貨店やギャラリーで作品を発表している

→お問い合わせ